その他

HHKBを清音化した(キーボード沼に浸かる)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
hhkb キートップ赤

キーボードに対するこだわりがある?

キーボードなんて、パソコン買ったら無料でついてくるあれでしょう?
一般の人にとってキーボードなんてものは付属品であり、よもやキーボードに3万円も支払うなんて馬鹿げていると思われてもしかたない。だけどそんな馬鹿げたキーボードを使って仕事をしています。
その名も「ハッピーハッキングキーボード BT」(HHKB)
史上最高のキーボードだと、強い信念をもって言えます。

HHKBはうるさい?

人によって感じ方は様々ですが、図書館のように静かな環境や、静かな事務所で利用するには少し音が気になるキーボードでもあります。
最高のストローク、最高のうち心地のキーボードです。心行くまで全力でたたきたい。叩き続けたい。
でもやっぱり音が気になるんです。特にHHKBはキーを押下後の、キーボードから指が離れる瞬間に「カチャ」というプラスチック音が気になります。音階も高めなので余計に耳に障るのでしょう。

HHKBを清音化する

遅くなりましたが、ここが本題です。実はHHKBは清音タイプの HHKB Type Sというモデルが発売されています。しかし Type Sはブルートゥースモデルが無く、有線のみ・・・
できれば無線で使いたいので、無線モデルの HHKB BTを Type S 化するためのカスタマイズを行いました。

HHKBをType S化する

こちらのサイトを参考にHHKBを静音化しました

HHKB キートップを外す

HHKB キートップを外す

キートップを外すのは専用の機器があれば簡単です。メカニカルキーボード用のものを使って外しました。
中略しますが、HHKBの中を開けると東プレのロゴが。静電容量無接点方式は東プレが供給しているのがこんなところでも再度確認できました

トープレのボード

トープレのボード

キートップを外したついでに色も変える

キートップを変えることで得られるメリットってほとんどないんです。でも完全に自己満足。

hhkb キートップ赤

hhkb キートップ赤

何気に高いんです。キートップ4つ入って2000円です・・・しかも刻印ありと無しのControlキーとEscキーなので、使いどころが難しい。
でもオールブラックのキーに赤いキートップが、映えるです。
これ1個が500円・・・でもいいんです。自己満足です。

HHKBを清音化した結果

打鍵音についてはかなり静かになりました。
カチャカチャ という音が 「スコッスコッ」という感じになりました。
キーストロークが改造前で4mmですが、Oリングの分1mm程度ストロークが浅くなっています。この1mmのストロークが実は結構気になる。
特に筆者はデフォルト時のHHKBのキーストローク、打鍵音が非常に気に入っていたため、ストロークが変わるだけで結構違和感を感じます。
この記事は改良後のHHKBで書いていますが、やっぱり気になります。

HHKBは清音化するべきですか?

正直、個人的には微妙です。
打鍵音だけでいえば大満足です。静かで上品なキーボードの音になりました。
しかし打鍵感に関しては、やっぱり標準のままが良かったなー。というのが正直なところ。
戻すのも結構大変なので、さすがに戻すことはしません。慣れればこれはこれで悪くないです。でもやっぱり・・・最初の打鍵感が個人的にかなりフィットしていたのであのうち心地を超えることはできないです。

HHKBは無刻印が欲しくなる

完全に余談ですが、HHKB BT 白 無刻印モデル、かっこいいです。

個人的にMacのバタフライキーボードが大嫌いで、そのためHHKBはもはや手放せないパートナーとなりました。大変気に入っており、自宅のWindows機でもHHKBを接続しています。
ほとんどのホームポジションから動かさずに動作ができるのは本当によくできていると痛感します。
値段は高いけどもう一台欲しくなっちゃいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る