ionic

ionicでiAd広告を表示する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ionicハイブリッドアプリ開発

iOS向けアプリは、Apple社が独自で配信する広告(iAd)を使って、広告収入を得ることができます。
この「iAd」を、ハイブリッドアプリであるionicで導入、設置するまでの流れです
やってみた結果、「意外と簡単」でした。

cordova iAdプラグイン

今回使用したのは Cordova-iAd-proです。
ngCordovaにはiAd用プラグインがなかったので、Cordova-iAd-proになりました。Admobならあるようです。

iAd プラグインのインストール

公式サイトには
If use with Cordova CLI:
cordova plugin add com.rjfun.cordova.iad
と書かれているので、コマンドラインから入力するもうまくいかない。エラーメッセージをよく読むと
「そのパッケージ名は名前が変わってるよ。新しい方でやってね」みたいな内容が書かれているので、新しい方で入力したらうまくインストールできた。

ターミナルから
cordova plugin add cordova-plugin-iad
でOKです。

バナー広告を表示させる

$ionicPlatform.ready(function(){})の中で使います。プラグインのお約束。

$ionicPlatform.ready(function(){
  if(iAd){
    iAd.createBanner( { autoShow:true } );
  }
})

iAd.createBannerでバナーが表示されます。簡単ですね。

バナー広告を非表示にする

$ionicPlatform.ready(function(){
  if(iAd){
    iAd.removeBanner();
  }
})

インタースティシャル広告

$ionicPlatform.ready(function(){
  if(iAd){
    // 事前にインタースティシャルを読み込んでおくには
    // iAd.prepareInterstitial({autoShow:false});
    // と記述しておく。
    iAd.showInterstitial();
  }
})

比較的カンタンに使えますね。ただこのプラグインは、サポートを受ける場合、又は商用利用で使う場合はライセンスの購入をして下さい。と書かれています。$20 約2000円です。

iAdの導入後から配信開始まで

コーディング自体はそんなに難しいところはありません。あとはこのアプリをいつもの用にapple storeへ載せるため、審査を受けて、その後公開までの流れになります

審査

いつものように、アップデート審査に提出します。waiting for reviewになってから、審査開始まで約4日掛かりました。
レビュー中になってから、たいていは1日以内にリジェクトか、redy for saleのどちらかの返事が来るのですが、何故か審査に時間がかかりました。(iAdの影響でしょうか?)

iAd画面

きちんと広告が表示されるか確認すると、ちゃんと表示されました。
インタースティシャル広告なのですが、Nendとくらべてもすごい。iPadでテストしたのですが、7インチ全画面に広告がドーンっと表示されます。(Nendは250*250くらいの小さい広告です。スマートフォン画面では大きいけど、タブレットで表示すると見劣りする)

iAd広告は至極シンプル

特別なことはやらなくても全部自動でやってくれるみたい。Nendであれば広告枠を申請して、管理番号みたいなものをソースコード上に記述しないといけないのに、iAdは全部自動でやってくれます。SDKとかも取得する必要無し。プロビジョニングキーとかで管理しているのでしょうかね。とにかくあまりにも簡単すぎて、本当にこれだけで良いのか、不安でした。
そして、いつの間にかitune connectの iAd画面に、広告枠を設置したアプリが表示されていた

iad

なんかすごいですね。簡単すぎて。

そしてこの回数の少なさ。泣けてきますね。アプリ開発で飯を食うのは、なかなかに厳しい。
先月の広告収入はNENDで1万円でした。

iAdははじめたばかりで、今後どうなるかわかりません。
日本ユーザならNend
日本以外のユーザならiAdを表示するように設定しています。
単価やクリック率が高いなら、全部iAdに切り替えたいけど、画像を診てもらうとわかるように、1クリックで0.01ドルって・・・・
まぁ、Nendでもたまにそういうふざけた金額になることもあります。様子見ですね。

広告アプリの今後

それにしても最近思うのは、間に広告をかませるのは、正直厳しい。月額サービスみたいな方向にシフトして、安定収入を確保しないと、やっていけないですね。
ゲームアプリは飽和しており、完全に「使い捨て」ゲーム市場です。飽きたらポイ。そして新しいアプリをインストール。
ソシャゲは飽きさせない努力がすごいと思う。
色々な作品とタイアップしたり、コラボしたり、イベントやったり。
あとガチャってあくどいですよね。意地でも課金しない。

方向性としてはやっぱり業務向けソフトや、クラウドサービスにシフトすべきなのでしょうかねぇ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ionicで「サロンカルテ」アプリを作りました

ionicを使えば、スマートフォンやタブレット向けアプリが簡単に作成できます。
例えば弊社が開発した「サロンカルテ」は、AndroidタブレットやiPad上で動作する、美容室・ネイルサロン向けの施術管理システムです。
ionicはスマートフォン向けの開発環境ですが、工夫することでタブレットでも最適なレイアウトにすることができます

サロンカルテのアプリを見てみる