ionic

iosのシミュレータでスクリーンショットを撮影できるらしい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ionicハイブリッドアプリ開発

iOSのアプリ申請は、準備が色々大変だったりする。
特に面倒なのが、画像の用意だ。

iPhone4のサイズ(3.5インチ
 
640 × 960)
iPhone5のサイズ(4インチ 640 × 1136)
iPhone6のサイズ(4.7インチ
750 × 1334)
iPhone6+のサイズ(5.5インチ

1242 × 2208)
Tabletのサイズ(768 × 1024)

そして近い将来はiPad Proのサイズも追加されることだろう。

これらのサイズは、比率もバラバラで、サイズもバラバラ。1個1個サイズをきっちり調整して
用意しなければならない。

実機があればスクリーンショットで済むのに

・・・と思っていました。
iPhone 5sは開発用実機として使っているので、iPhone5の画像は実機からスクリーンショットを撮影して審査に使用。
他のサイズは、実機が無いので、Gimpで切り貼りして、頑張って画像を用意していました。量があるので手間が掛かる。骨の折れる作業でした。

しかし・・・

エミュレータでもスクリーンショットが撮影できるらしい

何の気なしに、メニューを眺めていたら

iosシミュレータSS

あれ?

Save Screen Shot ???

なんと、シミュレータでスクリーンショットが撮影できるということをこの時初めて知りました。
しかもサイズも上記に書いた通りのサイズで、審査にそのまま使えるという素敵。

今までの苦労は何だったのだろうか・・・

Xcodeから、シミュレータを選択して起動して、SSを撮るだけで済んだのだ。

ハイブリッドアプリで開発していると、本来の開発環境であるXcodeはほとんど使わないので、こんな機能も知らなかった。

というか最初はアプリを審査に提出する時、Xcodeから転送して提出するということすらわからなかった。

スクリーンショットの見栄えは、Android実機より綺麗に撮れるね。なのでAndroidのアプリ画面イメージにも、iOSのスクリーンショットを流用してしまおう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ionicで「サロンカルテ」アプリを作りました

ionicを使えば、スマートフォンやタブレット向けアプリが簡単に作成できます。
例えば弊社が開発した「サロンカルテ」は、AndroidタブレットやiPad上で動作する、美容室・ネイルサロン向けの施術管理システムです。
ionicはスマートフォン向けの開発環境ですが、工夫することでタブレットでも最適なレイアウトにすることができます

サロンカルテのアプリを見てみる