linuxのinkscapeで日本語フォントを使えるようにインストール

SVGをEPSへ変換する際、フォントが適用されない

linux上のinkscapeはコマンドで実行できるため、システムに組み込んで画像コンバーターのような役割を果たすことができます。
しかし困ったことに、使用するフォントがLinuxにインストールされていないと、(当然ですが)意図したフォントで出力してくれません。

必要なフォントはLinux上にインストールすることで、希望通りのフォントが表示されます。

Amazon Linuxにフォントをインストール

Linuxのなかでも、今回はAWSのEC2(Amazon linux)を使用しています。
たぬき油性マジックフォントをインストールするまでの手順です。

こんなに素敵なフォントが、無料で個人・商用利用を問わず利用できるのは、本当にありがたいですね。

ec2にSSHでログインしてから、作業を開始します。

フォントをec2にダウンロードする

通常のブラウザからダウンロードできればいいんですが、ec2はSSHで接続するので全部コマンド上から操作しなければなりません。
不慣れなので大変です。
ともかく、フォントファイルのダウンロードは以下のコマンドでできます

sudo wget http://tanukifont.com/download/TanukiMagic_1_12.zip

ダウンロードされたファイルはzipで圧縮されているので、解答します

unzip TanukiMagic_1_12.zip

解答されたフォルダを、 /usr/share/fonts/に移動します

sudo mv ./TanukiMagic_1_12 /usr/share/fonts/

フォントをインストールするには次のコマンドです。 /usr/share/fonts/で行うように書いてあるサイトもありますが、どこでも動きそうです。
一応移動してから実行しましょう

cd /usr/share/fonts/
sudo fc-cache -fv

これでインストールされます。実際に確認するには

fc-list

と入力することで確認できます。